■ XP SP2

posted at 2004-03-05 14:08
日経BP者 IT Proにて
Windows XP Service Pack 2ベータ版プレビュー(パート2)後編
見るには会員登録が必要かも

近日中にでるという噂のWindowsXP のServicepack2の概要がなんとなくでてます。

IEのセキュリティも強化されるらしく、ポップアップ制御とか標準でつくらしい(googleツールバーと同じ感じ?)
他にもブラウザのアドオン管理ができたり、JavaScriptの制限ができたり、Outlook ExpressでHTMLメールの画像停止ができたりとなかなか。やっと他のブラウザに追いついてきたってことですか

が、しかし気になる点がひとつ。
これからは,WebマスターとWebサイト・クリエータたちは,IEのウインドウにあるタイトル・バーやアドレス・バーやステータス・バーを見えない場所に変更するスクリプトがもはや書けなくなる。そして,スクリプトを使ってウインドウの位置を完全にスクリーン外に設定することも,もうできなくなる。さらにIEのステータス・バーは常に表示された状態になり,スクリプトでは消せなくなる。

ってことはもしやwindow.openで、"status=no"とか"location=no"とか"menubar=no"とかが使えなくなるって事ですか?
いままでいろんなシステムで戻るボタンを使わせたくないとか、URLを見せたくないとかの理由でつかってたのですが、それがダメになるってことか。さてどうするか。
デフォルトの設定がどうなっているんだろう。ポップアップ制御はデフォルトがNO(出さない)らしいですが。

まぁ中途半端にブラウザに頼らずシステムでしっかり対応せよってことですな。考え直すイイきっかけになるかも

そいやseesaaもwindows.open多用してるよなぁ。大変そう。


posted by hirotomo | ☀ | permalink | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ
comments

post a comment
name: [必須入力]

e-mail:

URL:

保存しますか?

comment:

認証コード: [必須入力]


・画像の中の文字を半角で入力してください



・半角英数字のみのコメントは投稿できません



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。